買ってはいけない危険なジャンク商品一覧 危険物を危険物として皆に伝えたい。食は人の命を支えるものです

買ってはいけない危険なジャンク商品一覧
買ってはいけない危険なジャンク商品一覧

買ってはいけない危険なジャンク商品一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 トラックバック(-) コメント(-)

携帯の電磁波の発がん性

WHO傘下のIARC(国際がん研究機関)が、携帯電話発がん分類「グループ2B」(
ヒトに対する発がん性が疑われる)に分類した(プレスリリースPDF、TechCrunchの記事)。

IARCによると、脳腫瘍の一種である神経膠腫グリオーマ)を引き起こす可能性を示す
限られた証拠があるという(ウォール・ストリート・ジャーナルの記事)。
リスク分類ではクロロホルムコーヒーウレタンガソリンなどと同じになるようだ
個人的には携帯大好きなのでかなり心配です。

スポンサーサイト

2011年06月12日 トラックバック(0) コメント(3)

原子力発電所、御用学者、タレント一覧、状況の相関図

原発関係人名リスト

福島、原子力発電所事故で発言している人を中心に人名を公表します。
Fukushima, publish their names to speak with people around the nuclear power plant accident.
参照先:http://www47.atwiki.jp/goyo-gakusha/pages/13.html
上記はとてもいいサイトです。
東大(University of Tokyo)
小佐古敏荘[Toshisou Kosako](東大)内閣官房参与を辞任。浜岡原発は絶対安全だと言ってきた人。泥船から逃げ出しただけ。
御用学者1

諸葛宗男[Muneo Morokuzu](東大特任教授)「安心安全心配なし」
御用学者2
関村直人[sekimura naoto](東大)「炉心溶融(メルトダウン)はありえない」

小宮山宏[komiyama hirosi](東大元総長)
岡本孝司(東大)※現在中立的発言をしているといううわさがある(未確認)
宮健三(東京大学名誉教授・慶應大学教授)
前川和彦(東大・医・救急医学)
寺井隆幸(東京大学工学系研究科教授)
新野宏(東京大学大気海洋研究所教授、日本気象学会理事長)「放射性物質予測、公表自粛を」
大橋弘忠(東大システム量子工学教授)「プルトニウムは飲んでも安心。どうして信じない!?」
岩田修一(東大教授)

東工大
松本義久(東京工業大学原子炉工学研究所助教授 )
有富正憲(東工大 原子炉工学研究所 エネルギー工学部門)「1号機の煙は爆破弁の成功です」
衣笠善博(東工大教授)(元原子力安全委員会メンバー)活断層カッター
澤田哲生(東工大)「放射能が漏れることはない 事態は悪化しない 汚染水は漏れない」
藤家洋一(東工大名誉教授)

大阪大
山口彰(大阪大)
村上秀明(大阪大学教授)
野口(大阪大学)
住田健二(元・原子力安全委員会委員長代理 大阪大学名誉教授)「技術者が悪い、マスコミも悪い。」言い訳、責任転嫁の真っ黒推進派

その他大学
奈良林直(北海道大教授 原子炉工学)
北村正晴(東北大学名誉教授・東北大学未来科学技術共同研究センター教授)
中島健(京大原子炉実験所教授)
伊藤哲夫(近畿大学原子力研究所教授)
山西弘城(近畿大学原子力研究所准教授)
大槻義彦(物理学界のスーパースター・早稲田大学名誉教授)「出荷停止のもの、私が食べますからお送りください。 」
村松康行(学習院大学理学部化学科教授)
工藤和彦(九州大学特任教授 高等教育開発推進センター 高等教育開発部 )
浅沼徳子(東海大学工学部原子力工学科非常勤講師)

原子力業界
斑目春樹(東大教授、原子力安全委員会委員長) 諸悪の権化。「水素が出ますが爆発はしません」
石川迪夫(日本原子力技術協会前理事長(現最高顧問))
鈴木篤之(原子力安全委員会委員長)
近藤駿介(原子力委員会 現委員長)
武田充司(原子力安全研究会)
青山繁晴(内閣府・原子力安全委員会・専門委員)
藤城俊夫(高度情報科学技術研究機構参与、元日本原子力研究所大洗研究所長)
安濃田良成(日本原子力研究開発機構 元産学連携推進部長)
有馬朗人(NPO ネットジャーナリスト協会 会長)

■原子力推進タレント(追加情報はください)
これらの原子力推進派は何度も東京電力から声を掛けられている
ので、いまさら絶対安全とはいえないなどといっても無駄である
浅草キッド
アントニオ猪木
荻野アンナ
大前健一
大宅映子
岡江久美子
勝間和代
北野武
北野大
北村晴男
木場弘子
幸田真音
草野仁
堺屋太一
住田裕子
中畑清
弘兼憲史
藤沢久美
星野仙一
三宅久之
茂木健一郎
森山良子
養老孟司
吉村作治
渡瀬恒彦

相関図

2011年05月11日 トラックバック(1) コメント(0)

原子力発電所の事故とTVの放射能報道

原子力発電所の事故とTVの放射能報道TV報道のうそと政府の対応

何度も書きますが、TVレントゲン原子力発電所の事故による放射能漏れ比較されて、
問題ないという報道がありますがこれは間違いです
原発事故によって拡散した放射線は、浴びる時間レントゲンCTのように
一瞬ではありません。放射線を受けた量は、放射線の強さ(いた場所の1時
間あたりの放射線レベル)×滞在時間ですから、滞在時間が長ければそれだ
け多くなります。
今回の事故で放出された放射性物質空気中をまっているわけですから、服
や肌に付着する外部被曝(表面汚染)と口、鼻、傷口から吸収する内部被曝がおきます。
外部被曝(表面汚染)は、服を着替え、髪や身体を洗って影響を軽減するこ
ともできますが、内部被曝放射性物質が体内に入り、その後も体内から放
射線を出し続ける
ことになります。その結果、細胞の遺伝子が傷つく原因と
長期にわたってがんのリスクが高まる可能性が指摘されています。
この国は、いまだに戦時中なんです。大日本帝国の元で、太平洋戦争をして
いた頃と変わらない。情報はこれからも隠蔽されるでしょうが、くれぐれも
だまされないようにしてください。
私も、憲兵に逮捕されるかもしれません(笑)

Nuclear power plant accidents and radioactive TV news
Will write again and again, TV accidental radiation leak at a nuclear power plant and the X-ray
Are compared, there are reports that this problem is wrong.
The radiation spread by a nuclear accident, the exposure time and X-ray, CT, as
Is not an instant. The amount of radiation received, the intensity of radiation (at one location was
Radiation level per Week) × the time spent, but that a longer dwell time
Only the more.
Radioactive material released in this accident since you are waiting in the air, clothes
Adhering to the external exposure and skin (surface contamination) and the mouth, nose, internal radiation absorbed from the wound
Story is.
External exposure (surface contamination) are changing clothes, washing can reduce the impact and body hair
You can also, the internal exposure of radioactive material into the body, even after discharge from the body
Will continue to put out a line of fire. As a result, cells and genes causing hurt
Has pointed out the possibility of increased risk of cancer over time.
In this country, and I still wartime. Under the Empire, to the Pacific War
When I was no different. The information would be hidden from now on, earnestly
So please do not be fooled.
I may be arrested in police (laughs)

2011年05月06日 トラックバック(0) コメント(0)

東電やTVにだまされるな!御用学者を信じるな!!

エネルギーシフトパレード

自然エネルギーへの転換を求める人々が集う「エネルギーシフトパレード
が4月24日渋谷区で行われ、約5000人(主催者発表)が休日でにぎわう公園通り
表参道を歩いた。
作家のC.Wニコル氏は「原子力発電は保険が利かず事故が起これば国が潰れ
るほどのコストがかかる。また、原子力のごみは何千年何万年も生き物を
危険にさらす。」と訴えた。
付け加えると、ガンマ線を防ぐ防護服はこの世に存在しないそうです。
TVで見かける防護服はガンマ線には無防備です。
更にTVで御用学者レントゲンと比べて安全と話していますがレントゲン
放射線を出す時間が30秒に満たない時間です。(御用学者とは東京電力など原
子力を使ってお金をもうけている会社から研究資金をもらって研究費を出し
ている会社都合のいい研究をする学者のことである)
原子力発電所大事故とレントゲン写真を比較して放射線レベルが同じだと
放送するTVはもはや信用できません
(※NHKの放送で、今回の事故のことを、事象放送した時もありましたがとんでもない話です。)
原子炉廃炉にするには、コストがかかり更に時間が何百年とかかります。
しかも原子力ごみは、地中深くに埋めるだけで他に方法が無いようです。
(追記)
しかも、原子力で受けた被害の補償は、がすることになるでしょう。
一企業補償できる額ではないのです。
原子力発電所を立てるのにも、税金を使い事故で起きた補償も税金でする。
東京電力はたいそう儲けてるでしょう。その証拠にCMを流しマスコミ口止めしています。
東京都知事は、東京電力株大量に保有しています。(確か5位)
もちろん原子力推進派です。

Gathering of people who seek conversion to renewable energy, "Enerugishifutoparedo"
Shibuya-ku done by April 24, and about 5,000 people (organizers announced) as the park is crowded with holiday
Omotesando and walked.
Writer CW Nicol is "a nuclear power accident happens if the country collapses and insurance Kazu Toshi
It cost about Ru. The nuclear waste for thousands of years, millions of years beings
Risk. "He said.
Additionally, protective clothing is likely to prevent the rays do not exist in this world.
Gamma rays seen in TV suit is vulnerable.
The X-ray TV and more secure than talking with scholars patronized by the X-ray
Less than 30 sec time out radiation. (The original patronage of scholars and Toukyoudenryoku
Got out of research funds, research funds from companies that make money by using nuclear power
Research scholars is that it is convenient to the company)
And have the same level compared to radiography and radiation of a nuclear power plant accident
TV broadcast can not be trusted anymore.
To make a nuclear reactor decommissioning will take years and hundreds of times more expensive.
And nuclear waste is just that there is no other way to bury deep in the ground.

2011年05月02日 トラックバック(0) コメント(0)

電力は原子力が無くても不足しません

電力は原子力が無くても不足しません

東京電力2003年4月15日首都圏送電する福島・柏崎刈羽原発をすべて
停止
しています。原発の重大な欠陥を隠蔽した事が発覚したからです。
もちろん夏になっても停電は起きていません

TEPCO's Kashiwazaki Kariwa nuclear power plant all the power in the metropolitan area in Fukushima April 15, 2003
I stopped. Because it was found to have concealed a serious flaw in the primary.
Even in the summer blackout of course is not happening

2011年05月01日 トラックバック(0) コメント(0)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。